ホーム > 院長・スタッフのブログ > インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンについて

dr01こんにちは

皆さん、もう、インフルエンザワクチンを打ちましたか?

ワクチンは、接種してもすぐに効果がでるわけではありません。

打って、1~2週間頃より抗体があがりはじめて、1か月頃までにピークに達し、3~4か月後には徐々に低下傾向を示します。

したがってワクチンの予防効果が期待できるのは、接種後2週~5か月程度と考えられます。

お子さんの場合は、2回目を打った後の1か月後でピークに達しますので、大人よりも早めに打つことが必要です。

去年、新型のインフルエンザが流行しはじめたのは、11月の末頃でした。

今年の流行がいつやってくるかはわかりませんが、できるだけ早めに注射したほうがよいでしょう。

ホーム > 院長・スタッフのブログ > インフルエンザワクチンについて

このページを印刷する このページを印刷する

検索
フィード
Meta

ページの上部に戻る