ホーム > 院長・スタッフのブログ > ビタミンD足りてますか?ウイルスに負けないために

ビタミンD足りてますか?ウイルスに負けないために

ビタミンDといえば、骨の健康のために必要なものと思われていますが、それだけではありません。感染症予防、免疫機能の調整、がん予防、心疾患予防に大切なビタミンです。

ですが、残念なことに私たちの多くが常にビタミンD不足に陥っています。

その理由して、食生活の乱れ、色白志向のための過度な紫外線回避があげられます。以前より、ビタミンDの血中濃度の高い方は、インフルエンザにかかりにくいというデータありましたが、最近の論文ではコロナウイルスに感染した人のビタミンDの血中濃度が低く、またそれは重症化した人のほうが顕著に低いことが記されています。紫外線の少ない冬には特にビタミンDが不足します。ビタミンDを増やして、ウイルスやがんに負けない体を作りましょう

その方法は、1)日光浴をする 2)魚を食べる 3)サプリメントをとる

  • 夏に半ズボンで週3日、15-30分間軽度の日光浴をしよう
  • 毎日鮭100g食べよう
  • 1日最低25μg(1,000IU)とろう 冬は倍とろう

どれか一つでもできれば、安心です。シミを作りたくなく、毎日魚が食べられない私はサプリメントを飲んでいます それがこれ 医療機関専用サプリメントメーカー、ヘルシーパスのビタミンD ¥1,620(1日1カプセル(25μg)で60日分)

※血中濃度もはかれます 25-OHビタミンD 30ng/mL以上を目標に

ホーム > 院長・スタッフのブログ > ビタミンD足りてますか?ウイルスに負けないために

このページを印刷する このページを印刷する

検索
フィード
Meta

ページの上部に戻る