ホーム > 超高濃度ビタミンC点滴療法(ICV)

超高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)

超高濃度ビタミンC 点滴療法(IVC)は、2005年に米国の国立衛生研究所が、抗がん作用についての

論文発表をしてから、米国はもとより全世界で急速に普及を見せている、今、最も注目されているがん

治療のひとつです。

ビタミンC の抗がん作用のしくみ

がん細胞は正常細胞に比べて、ブドウ糖の取り込みが多い細胞です。(癌細胞はブドウをエネルギー源

として増殖します。)ビタミンCは ブドウ糖とほぼ同じ構造なのでがん細胞に集まりやすいという特性を持って

います。また、癌細胞は正常細胞に比べて活性酸素を中和するカタラーゼが不足しています。

ビタミンC は高濃度になると活性酸素を発生します。正常細胞は活性酸素を中和するこのカタラーゼに

より全く影響を受けず、がん細胞のみが影響を受け破壊されます。

癌に対するIVCの適応

  1. 標準的がん治療が無効の場合
  2. 標準的がん治療の効果をより増大させたい場合
  3. 標準的がん治療による副作用を軽減したい場合
  4. 健康を維持しながら、寛解期を延長させたい場合
  5. 標準的治療を拒否し、代替療法を希望する場合

以下の方は、IVCを受けることができません。

  1. G6PD欠損者 (初回に検査します)
  2. 高度の心不全
  3. 腎不全
  4. 胸水および腹水が大量にある方

治療の流れ

初回

問診:経過を詳しく把握するため他院での検査結果、治療内容等がわかるようにしておいてください。

採血:

①一般検査・腫瘍マーカー・他院での採血結果があれば持参してください。

②G6PD検査:G6PD欠損者は高濃度のビタミンC を点滴すると溶血するためです。

点滴:ビタミンC15gから点滴を開始します。

2回目以降

G6PDの結果が出次第、25g、50gと増量していきます。

ビタミンC の血中濃度が350-400mg/dlで抗がん作用が生じるので点滴終了後にビタミンの血中濃度を

測定します。血中濃度の結果をみながら、ビタミンC の量を調整していきます。病状により変わりますが、

点滴の目安は最初の半年は週2,3回、半年から1年が週1回、その後が月2回程度になります。

価格(税込)

ビタミンC 血中濃度測定 ¥5400
G6PD検査 ¥8640
ビタミンC15g ¥10800
ビタミンC25g ¥12960
ビタミンC50g ¥16200
ビタミンC60g ¥17580

※ビタミンC90gまで対応しています。

※高濃度ビタミンC 療法は保険適応ではなく自費治療となっております。

※全て予約制になりますので、初診の方はお電話にて予約してください。

※他院でIVC点滴されている方は初診の検査は省くことができます。(検査結果持参してください。)

※点滴療法研究会について※

癌以外への作用について以下のことが報告されています。

  1. シミの改善と予防、美白効果
  2. コラーゲンの生成促進
  3. にきびの改善、毛穴の引き締め
  4. 優れた抗酸化作用
  5. 抗ストレス作用
  6. 免疫力を強化
  7. 動脈硬化の予防

ホーム > 超高濃度ビタミンC点滴療法(ICV)

このページを印刷する このページを印刷する

検索
フィード
Meta

ページの上部に戻る