ホーム > グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法の対象

  1. パーキンソン病に対する治療
  2. 抗がん剤に対する神経障害
  3. 閉塞性動脈硬化症
  4. デトックス(体内解毒)
  5. その他(線維筋痛症、過敏性腸炎、慢性疲労症候群、各種神経系疾患、アンチエイジング分野等)

 

グルタチオン(glutathione)は組織に広く分布するSH基をもった化合物で、グルタチオン(還元型グルタチオン)は

グルタチオンペルオキシダーゼを介として過酸化水素や脂質ヒドロペルオキシドを還元し解毒する強力な抗酸化

物質です。薬剤としてのグルタチオンは,SH基により体内での抱合反応を賦活して解毒を促進する作用や、

抗アレルギー作用があります。初回は800mgから開始し、徐々に増量して1600mgで維持します。病状によっては

さらに増量することがあります。当初は週2〜3回の投与をし、効果が安定してくると週1〜2回になります。

また、ビタミンB12の混注を行うこともあります。1回の点滴時間は20〜30分です。

グルタチオン療法を行うことで、お薬の効き方が良くなり、歩行障害や振戦(ふるえ)の改善が得られる場合がありますが、

基本的には現在の内服との併用療法とお考えください。

(有効率は40〜60%で、劇的に効果があるケースからまったく無効である場合もあります。)

副作用として、稀に頭痛と吐気・嘔吐を訴えることがあります。一過性であり、投与を中止することで速やかに改善します。

価格(税込)

この治療は健康保険が適応されません。治療・検査・処方の全てが自費診療となります。

  • 初回のみ相談料(初診料)として3,240円
  • 料金は1回5,400~7,560円
  • ビタミンB12の混注の場合は+1,080円

ホーム > グルタチオン点滴療法

このページを印刷する このページを印刷する

検索
フィード
Meta

ページの上部に戻る